【押入れシリーズ】着なかったおさがりの服達へ『ごめんよ・・・』

『おさがりの服』押入れに閉まって保管していました。

 

こんにちは☆

umi(@umi7237)です。

 

 

息子が生まれた時、たくさんの方におさがりを頂きました。

もちろん、お出かけ用はちゃんとお気に入りの服を買いました。

でも、『古い物でもいいからたくさん数を用意しないといけない』と思っていました。

あの時の私は、もっとお金もなく、もっとケチケチしていたのです。

なので、息子は男の子だけど、女の子の服まで頂いていたのです。

『もしかしたら、次の子に着せる時がくるかも!!』と思って。

 

押入れの中に大事に保管していました。

 

もう一度、仕分けして『ときめき』チェック!

 

娘が生まれ、確か『おさがり』で女の子の服を貰ったな~と思い、数か月。

たくさん出てきました。

ようやく、押入れを見直す時間が少しできたので、チェックしてみようと思うと・・・。

 

『残すもの』と『サヨナラするもの』

こんなに『サヨナラするもの』が多いとは!!

約二年、押入れの中に『大事に』保管していたのですね・・・

改めて、押入れがパンパンで詰め込み式になるわけだ・・・

反省・・・

 

もう、冬服だしサイズもそろそろオーバーしそう・・・

そしてもう一つの反省は・・・

  • 保管していた服が、ほとんど冬服だったこと。
  • 新生児、70~80サイズの物がほとんど。

長女の生まれた月と成長の過程がどんぴしゃだったのに(泣)

来年の冬にはサイズが小さくて着れないですね・・・

 

本当に・・・『持ち物を管理できていない』ということですね・・・。

 

まとめ

今回、たくさんの服たちを『ときめく』かどうかの判断でグループ分けしました。

『ときめく』ものだけを残します。

 

昔はたくさんの物が欲しかった。

手元に置いて安心していたのだと思います。

上手く管理もできていないのに・・・

譲ってくれた友達に感謝して、服に『ごめんね』と思いを込めて、今回の学びにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です