未分類

『頑張ればできる』呪文のように生活してきて感じた違和感。

『頑張れ』って気軽に使う言葉です。

自分を奮い立たせる言葉。

私もずっと自分に頑張れ、頑張れって言い聞かしていたよ。

私、どれだけ頑張ればいいのかな。

 

『頑張ればできる』

 

今までの私。

 

『頑張ればできる』

『努力することって凄いことだ。』

 

振り返れば、それが私の30年の人生の軸だと思う。

 

 

学生時代

学生時代、部活は運動部だった。

いつも応援する側。

 

みんなからは、『努力』が一番似合う言葉だねといわれた。

なんだか嬉しかった。

 

もともと競争心が強いわけでもない。

部活のスタメンに選ばれたいわけでもない。

あまり、人と勝敗に気持ちが左右される性格でもない。

 

ただ、みんなとスポーツして、

みんなが満足そうで、きらきらしていて・・・

 

『私もその中にいる』

『私もうれしい』

それでよかった。

 

 

苦手でも『頑張ればできる』

苦手でも。

『頑張ればできる』

『可能性は無限大』

『私でも、やればできるんだーーーーーー!!!』

 

苦手でも『頑張る』ことって素晴らしい!!!

 

凄いって褒めてほしかったのかな。。。

 

 

私の軸が完成。『頑張れば何でもできる。可能性は無限だ!!!』

頑張る、頑張る、頑張る。

なんでも全力。

 

苦手なことも、時には自己暗示で苦手意識をコントロール。

 

あれ?なんで頑張っているんだっけ?

 

続きます。

 

▼関連記事

私は『何が大事?何がすき?何がしたい?』突き当たった壁。

 

ABOUT ME
しー
しー
30代働くズボラママです。子供(3歳・4歳)の4人暮らし。シンプルな暮らしを目指します。