ベッドを断捨離する方法と断捨離した後に感じたメリット・デメリット

 

ベッドの断捨離をしました。

ずっと、ベッドを「手放す・残す」迷っていました。

 

断捨離してみて分かった、ベッドの捨て方とベッドがあるメリット・デメリットについて。

 

ベッドを断捨離します

以前、我が家は2DKという狭さにもかかわらず、2つのベッド(シングル・セミダブル)を使っていました。

ベッドで寝るのは気持ちよかったですが、6畳の1部屋はベッドで占領していたんです。

 

▼シングルのベッドを断捨離した時の記事

【画像あり】ついに処分!私がベッドを手放した理由とは?

 

 

最近では、夫がセミダブルベッドをフローリングの部屋で使っていました。

私と子供たちは畳の部屋で布団を使っています。

 

子供たちも大きくなり、部屋が窮屈に感じ始めました。

そろそろベッドを断捨離したい。

 

フローリングの部屋を広く使うために、ベッドフレームを断捨離することにしました。

 

▼なかなかベッドを断捨離出来なかった理由

ベッドを断捨離してシンプルな生活をしたい。ズボラ主婦がベッドを断捨離出来なかった理由

 

 

ベッドを断捨離する方法はこの2つ

ベッドは大きい家具なので断捨離するのが一苦労です。

売ってお金に変えるのか?捨てるのか?

どっちの方法がいいのか悩みました。

 

リサイクルショップ

前の私だったら、時間を作ってリサイクルショップへ売りに行っていました。

ベッドっていくらぐらいで買い取りしてくれるんだろう?

 

そんな思いもありましたが、持っていくのも時間と動力がかかる。

今回は諦めました。

 

粗大ゴミで回収

都道府県や市で回収の仕方は変わると思います。

私が住んでいる地域では

 

  • 大型の粗大ごみ1つにつき300円のステッカーを購入して張り付ける
  • 市役所の環境科に電話をして、回収依頼をして日程を抑えてもらう

 

これだけで当日決まった場所へまとめて置けば回収してくれます。

ベッドは大きいし運ぶのに大変なので【粗大ごみ】で手放すことにしました。

 

ベッドを断捨離|メリットは?

ベッドを断捨離したメリットは部屋が広く感じること。

2DKの我が家。

ベッドを置くと狭くなりました。

部屋がこんなに広かったんだと改めて実感。

 

ベッドを断捨離|デメリットは?

ベッドを断捨離出来なかった理由として、夫が腰痛持ちでした。

床から立ち上がることも一苦労。

そんな時期もあったなぁ。

 

今はずいぶんよくなったので、ベッドのフレームを断捨離。

マットレスを畳の部屋に移動し、家族みんなで川の字で寝ています。

 

ベッドの良いところ、起きて起き上がりがスムーズな安心感が無くなる。

やっぱり断捨離するデメリットですね。

 

ベッドを断捨離した結果

ベッドを断捨離の経過。

部屋が広くなりました。

 

 

 

 

ミニマリストが使うのはベッド?布団?

ミニマリストの皆さんは、マットレスを使用している方が多いようです。

 

中には寝袋を使っている人も。

すごいなぁ。

腰が痛くならないのかな。

 

ベッドを断捨離したけど、布団にはこだわりたい。

布団にこだわることで質のいい睡眠を得られると思うのです。

睡眠って大事だもん。

 

まとめ

断捨離したいと思っていたベッドをようやく手放しました。

大きなベッドがフローリングの部屋を占領していたのでスッキリ。

 

マットレスは、まだ使えそうなので畳の部屋に移動。

新しい敷布団を購入するよりマットレスをそのまま使ってみることになりました。

 

自分たちに合った暮らしを整えていく。

少しずつ、少しずつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です